まるで不思議の国!あの有名アイドルも頻繁に訪れるレトロな癒し空間をご紹介!

June

お洒落カフェの町、建大って・・・???

韓国に訪れたことのある人なら誰もが知る、韓国のカフェ事情。

そう、少し町を歩くだけで、どんだけーー!?という位に
韓国には、町の至るところでカフェ、カフェ、カフェ・・・。

平日の日中でも、学生さんや少し年配の男性女性、
中にはカフェでお仕事しちゃってる人もいますね。

なぜそんなに需要が・・???

日本でも最近は普及してきましたが、韓国のカフェではなんと・・・!!

 ・電源使い放題
 ・wifi使い放題
 ・何時間いても文句言われない
 ・(もちろん)空調完備

こんな素晴らしい環境があれば、もちろんお仕事だって
ディナーの後、深夜に及ぶおしゃべり大会もカフェでやっちゃいますよね。

町中にカフェがたっくさんあるので、混み具合も気にせずに
何時間でもゆっくり居られるのがとても魅力なのです。


インスタ映えを意識!?お洒落カフェの普及

そんなカフェ大国の生存競争の中で編み出された様々な工夫が、
自然と『映えるカフェ』を生み出すきっかけになったのだろうと
Juneは推測します。
※あくまでJuneの個人的な見解です。

今回は、そんなお洒落カフェの町の一つ、
建大のカフェを取材しました☆

あのスーパーアイドルにも会える!? ご家族経営のお洒落×不思議系カフェ!

建大入口の駅を出て、多くの人々で賑わう商店街を少し入ったところにある
何らかのアトリエ、もしくは高級なご自宅?とも思える、
こちらのレンガ張りの建物。


2階にお洒落な空間が見える「cafe armoire」

こちらの建物の左側奥に、ひっそりと看板が遠慮がちに飾られた
「cafe armoire」(読み:カフェ アルムア)の入口があります。

不思議ポイント①:エントランスにミシン!?

読みも分からずにドキドキしながらその扉を開けるのですが、
まさかのNo People、誰もいません。

そこにあるのは古いミシンにトルソー、砂嵐のテレビに大きなタンスがポツリ・・・。


お店を間違えた!?


と本当にドキドキしてしまいますが、ご安心ください。


奥の鏡を見ると、大きなタンスを指して「cafe here」の文字が。

不思議ポイント②:入口がタンス!

そうです、こちらのタンスが入口になっているのです。

いかにもこれから不思議の国へ連れて行ってくれるような感覚が
June的にはとてもヒットしました!

うきうき♪

「armoire」に込められた意味・・??

そもそも、「armoire」とは何語??
何を指しているの・・??

ということで調べてみました!

語源はフランス語だそうで、
ワードローブ、衣装だんす・・・といった意味なんですね。

だから入口がこれなのか~!!!

と、謎が解けたところで
早速、この衣装ダンスの扉を開いて、いざカフェへGo!!

不思議の国へ続くような扉。

バリエーション豊かなくつろぎスペース

こちらのカフェは3フロアに分かれて楽しめる構造に。

入口を1階として、
1階がレジ、
2階が屋内スペース、
3階が屋外スペースになります。


まずは1階スペースをご紹介♪

普段はこちらのレジに、オーナーさんがいらっしゃるそうで、
その際は撮影禁止だそうです。

 

インスタ映えグッズ溢れる2階スペース♡

続いて、2階のくつろぎスペースをご紹介。

太陽の光が差し込む真っ白な
天国へ?の道のような階段を上がると2階のフロアへ。
 

不思議ポイント③:装飾が不思議!

これぞ、インスタ映えポイントでもあるのですが、
2階フロアはどこをとっても映える、お洒落な装飾がたくさん!

開放的な3階スペース♪

続いて、「roof top」と書かれた3階の屋上スペースをご紹介♪

画廊のような廊下の先に・・・。

rooftopが開放されています♪

不思議ポイント④:突然アウトドア!?

中世ヨーロッパやアンティーク調のお洒落で落ち着いた空間から
突如として現れた解放的な屋上スペース!

屋上とは思えない、
まるでレジャーにでも来たかのような空間へワープしました。


晴れた日や暖かい日だけでなく、むしろ寒い冬に、
こんなところでホットチョコ(※)でも飲んで
お友達と楽しい会話で温まる・・

そんな過ごし方ができそうな素敵カフェでした。

※ホットチョコ:日本のココア。
 韓国では『ココア』ではなく、ホットチョコ、またはアイスチョコと言います。

次ページ:こんな素敵なカフェのオーナーは・・・?

おすすめの投稿記事