画像:Maho

韓国ソウル・延南洞(ヨンナムドン)にある映画の元美術さんが経営するセンスの光るインテリアショップ「JAMMER(ジャマー)」

Maho

延南洞(ヨンナムドン)に位置するインテリアショップJAMMER(ジャマー)

韓国ソウル・延南洞(ヨンナムドン)の端に位置するインテリア雑貨ショップ「JAMMER (ジャマー)」。
映画の美術に携わっていた「チョン・スイン」代表と夫が一緒に経営しているため、センスも抜群!

キッチンウェアやファブリック製品の製作から始まり、以前販売はオンラインのみでしたが、現在は住宅を改造したショールームで販売もされています。

「JAMMER(ジャマー)」のショールームは童話の雰囲気を演出

「JAMMER(ジャマー)」の外観はショールームというよりも、まるで友人宅に遊びに行くかのよう。
店内に足を踏み入れると、童話の中に飛び込んだような雰囲気が漂います。

インテリアは童話「赤毛のアン」等をコンセプトに、ヴィンテージな雰囲気を演出しているそうです。

画像:Maho

親子で着たいホームウェア

映画美術をしながらファッションも勉強した「チョン」代表が、“服”のように着られるエプロンをデザインすることから「JAMMER(ジャマー)」は始まりました。

「JAMMER(ジャマー)」は現在、テーブルマット・ラグ・寝具・毛布・ホームウェアまで展開し、子供と一緒に着たい服と小物にも力を入れ製作してしているそうです。

最も人気のある製品は、リネン素材の少女の雰囲気を感じられるワンピーススタイルのホームウェアです。

画像:Maho

次ページ:生活空間を再現したショールーム

過去の投稿記事

おすすめの投稿記事